土日にお金を借りる場合はATMを利用すると便利

標準

消費者金融からお金を借りる場合は、なるべく平日に手続きを行うと良いです。

平日であれば店舗も営業していて、ATMも利用可能で、振込キャッシングにおける振込予約後の対応も早いからです。

しかし、時にはどうしても土日のうちにお金を用意しておかなければならない場合もあります。

このような場合は、どの媒体を使えばスムーズにお金を用意することができるのでしょうか。

結論から述べると、土日にお金を借りる場合、最も便利な媒体はATMです。

土日は殆どの店舗で休業日となっており、銀行振込についても土日の振込予約については翌営業日に振込が実施されるようになっています。

しかし、ATMであれば、端末の操作によって曜日に関係なく、いつでもその場でお金を借り入れることができます。

このとき使用するATMは、消費者金融会社が直に設置している端末でも、消費者金融会社が提携しているコンビニや金融機関の端末でも、どちらでも構いませんが、提携ATMからお金を引き出す場合は少額の手数料がかかるので注意が必要です。

それにしても、最近は提携のATMが増えましたね。コンビニで出し入れできないと、地方に住んでいるお客さんを獲得できなませんからね。

大手と中小の街金ではどんどん二極化が進んでいきそうな気がします。

お金は交番で借りることができます

標準

外出先でお金を落としてしまうことがあります。

財布には現金だけでなく、クレジットカードや交通機関で使える電子マネーが入っていることも多く、それが無くなってしまうと身動きができなく、お金が無いことから電車など交通機関が使えなくなってしまいます。

財布を落としてしまうことは多くあり、珍しいことではありません。

そういうときの対処法を覚えておくと便利なので覚えておくと良いです。

その方法は交番に行くことです。

物を落としたときには警察に届けますが、すぐに戻ってくるケースだけではありません。

交番に行くと少額ですが家に帰れるくらいのお金を借りることができる制度があります。

その制度を使うと家に帰ることができるので緊急事態のときには使える方法です。

後に返さなくてはなりませんが、身近に借りられる人がいない場合には有効です。

身分証も財布にしかない場合もありますが、警察官にそのことを言って自分の個人情報を伝えることでもお金を借りることができます。

借りることのできるお金の額には規制がある

借りたお金は当然ながら返済を求められることになります。

そのため、貸し手は返済能力のある借り手を選別します、しかし、一部の消費者金融業者は、信用力の低い借り手であってもとりあえず貸し出しておいてあとからしつこく取り立てていました。

その結果、借金が膨れ上がってしまい自己破産に追い込まれるケースが出ていたため、法律で、借りることのできるお金の額を年収の3分の1までに定める「総量規制」が導入されました。

「総量」というのは、複数社から借り入れをした場合でも、借入できる金額は「合計で」年収の3分の1までだという意味です。

この規制が導入されたことによって、悪質な消費者金融会社の巧妙なキャンペーンに釣られたりして予想以上に借金が膨らみ苦しい生活を送る人が生まれにくくなりました。

消費者金融会社も、悪質な貸し出しをすると法律に引っかかるため、何とか合法的な範囲内にとどめようとする意識が働き、優良な会社にとっては朗報となりました。

即日融資でお金を借りる時のメリットと注意点

標準

急にお金が必要になった時には、即日融資のキャッシングを利用すると便利です。

これは消費者金融が中心になって展開しているもので、審査時間が30分ほどと短いため、申込から数時間以内でお金を借りることができます。

たとえば急に食事に誘われたとか、明日実家に帰らなければならないといったような、その日のうちにまとまったお金がほしい時には特にお勧めです。

この即日融資は、ネットから借入をすることもできます。

PCや携帯で消費者金融のサイトを開き、申込フォームに所定の事項を入力して送信し、本人確認や収入証明などの必要書類は、別にFAXやアプリを使って送ります。

ネットから申し込んだ場合は、銀行口座に借り入れ分を振り込んでもらえます。

ただし消費者金融が主体であるため、総量規制が存在します。年収の3分の1を借入限度額とさだめる制度で、すべての消費者金融での借入に適用されますので、既に消費者金融を利用している人は、申込の前に借入額をチェックしておくといいでしょう。

お金を借りるときはどこがいいか

お金を借りるときに消費者金融を利用できますが、数多くの会社があるためどこがいいか迷います。このとき、まず候補にするのが宣伝などを頻繁に行っている金融業者です。

このような有名な金融業者は国から認可を受けているため、計画的に利用するのであれば危険性はありません。問題を起こせばすぐに広まってしまうため、万一返済できなくなった場合でも強引な取り立てをされる心配がありません。

審査は銀行と比べると厳しくなく、即日にお金が必要な場合でも借りやすくなっています。

勤務先に電話をかける在籍確認について、書類で代用できるところもあり、インターネットからの申し込みだけで手続きが完了することもあるため、会社の規則などで在籍確認が難しいときでも利用できます。

金利については消費者金融の上限金利は法定利息の上限である18%であることが多く、金融業者による差はほとんどありません。

そのため、金利で比較するよりも、自分の開設している銀行口座が使えるか、近場のATMが使えるか、どのような返済方法があるかなどを確認し、利用しやすい条件のところを選ぶと良いです。

審査がゆるい会社とお金を借りる負担の関係

標準

審査がゆるいカードローンは逆に不安です。
決して審査が甘いことはなく、どこの金融会社でも審査を行い、返済能力を調査して貸付しています。

しかし、貸付条件については各社によって差があります。
つまり、この条件であれば、審査は可能という範囲です。

パートやアルバイトでもお金を借りることができる金融会社もあれば、審査が厳しい会社もあります。

正社員でも絶対に借りられるということもなく、審査の結果がすべてで、そこには個人の信用度も関係しています。

また、非正規雇用の増加に伴い、パートやアルバイト・派遣社員の方でも利用できるようになっていますが、そこには現状の利用者に合わせた与信システムがあります。

非正規の場合でも、この利用枠であれば返済は可能だという数字を過去の顧客データを元に弾き出しているのです。

また、大手よりも中小では審査のハードルが下がる傾向がありますが、代わりに設定される金利は法定の上限となることがあります。

お金を借りることはできても、金利という借り入れコストは上がります。
審査がゆるいのと引き換えに返済の負担が重くなる関係もそこにはあるのです。

すぐにお金を借りる方法とは

「急な出張」「給料日前に予想外の出費がかかった」など、急にお金が必要が出た場合にすぐにお金を借りる方法として、銀行からの借り入れ、手持ちのクレジットカードのキャッシング機能の利用、消費者金融を利用することが考えられます。

銀行のカードローンは限度額が大きくて金利が低いというメリットがありますが、利用するためには審査に時間がかかる、担保が必要、審査基準が厳しいなど、すぐに利用するのに不向きです。

その点、クレジットカードのキャッシングや消費者金融なら手軽にお金を借りることができますし、即日融資に応じてくれる消費者金融会社も存在します。

さらに消費者金融では設定されている金利が高くても、ある一定期間までは無利子で借入が出来るようなサービスがある場合があり、短期間の利用であれば有利です。

一部のクレジットカードではキャッシング枠が大きく設定されており、ローンカードとしても利用できるようなカードも発行されているほどです。

お金を借りる際どこがおすすめでしょう

標準

急にお金が必要になった時どこから借りるか悩むところです。

早くお金を借りたい場合は信販系や消費者金融系のカードローンなどがおすすめでしょう。特に信販系ではジャックスがおすすめでしょう。

ジャックスは錦織選手のCMで起用しスポンサーとしてずっとサポートしています。
ジャックスからお金を借りて、その資金の一部が錦織選手の活動費に使われると考えると嬉しいものです。

ちょうど今全豪オープンで勝ち進む錦織選手を資金面で支えているのはジャックスの顧客でもあるのです。

ジャックスは三菱UFJグループなので、その点でも信用度は抜群です。
信販系ではオリコも長い歴史があり信頼できます。

みずほ銀行と関係が強いオリコはジャックスと共にフィギュアスケートW杯のスポンサーもしており、スポーツにとても造詣の深い会社です。

ジャックスやオリコの特徴として担当者がとても紳士的で、その穏やかな物言いは是非真似したくなる程です。

まさに日本を代表するアスリートの錦織選手や羽生選手などを支える素晴らしい会社ですので、お金を借りる際は是非ジャックスやオリコに相談してみると良いでしょう。

消費者金融では三井住友銀行グループのプロミスや三菱UFJグループのモビット、アコムなどが信用度が高くお勧めでしょう。

いずれもテレビCMでお馴染みですので親しみやすいですね。金利も非常にリーズナブルですので安心できます。

銀行がお金を借りる条件の一つにする勤続年数

銀行でお金を借りる条件として挙がるのが勤続年数です。

安定した収入があることは、どこの金融会社でも同じですが、銀行の借り入れに関しては特に勤続年数を条件としていることも多いのです。

目安としては1年以上で、貸付の基準にも明記されています。

これも目安であり、年齢と勤続年数、さらには信用情報機関に登録されている勤務先情報などとも照らし合わせて、1年以上あっても通らないことがあります。

また、カードローン以外にもフリーローンなども出していますが、さらに審査の基準を上げていることもあり、パートやアルバイトでは利用できないことがあります。

この勤続年数は安定した収入とも直結してきます。

個人向けの貸付に力を入れているとは言え、担保をとって貸し付けるのが基本です。

カードローンの審査に保証会社を加えていることからも分かるように、お金を借りる際に担保としての確実な返済能力が必要としているのです。

その一つが勤続年数であり、安定した収入を測る上で客観的な目安としています。

親からお金を借りる時にも借用書を作成します

標準

消費者金融や銀行などの金融機関でお金を借りますと当然金利がかかってきます。

ですので、もし親に余裕があってそうした申し出があるのであれば、親から無金利でお金を借りたいと考えます。この場合、身内での借用ということもあり、ともすれば口頭で済ませ、貸し借りが曖昧になりがちです。

ですが実際に身内からお金を借りる場合でも、きちんと借用書を作成しておくことが、実は重要です。さらに金利についてもある程度一般と同じような金利をつけておく必要があります。

そうしないと借りたにもかかわらず、贈与としてみなされ、贈与税をかけられてしまう可能性があるからです。これを避けるためにはすべてのお金のやり取りを公の記録に残す必要があります。つまり銀行などで返済などの記録が残るように銀行振り込みできちんと返済していくようにするのです。

しっかりと書類や記録が残せれば、贈与ではなく借りたのであると証明できますので、安心して借入れができます。

お金を借りる場所を変えたネットの便利さ

お金を借りることができる場所としては店舗、無人契約機、ネット、スマートフォンや携帯電話など実に様々です。
審査の内容やどの方法でも同じですが、異なるのは申し込める時間と手続きの手間、カードや契約書などの郵送です。

店舗であれば、その場でカードが発行され、利用枠を受け取ることもできますが、足を運ぶ時間や対面の審査となる点で不安もあります。

無人契約機は店舗と併用、あるいは銀行のATMコーナーや商業施設などの中に設置されていることも多いのですが、時間帯によっては混み合うこともあります。
ネットでの申し込みは24時間利用できますが、WEB完結などの手続き以外はカードや契約書は郵送となることがあります。

つまり、それぞれの方法でメリット・デメリットもある訳で、どの方法が利用しやすいのか吟味してみる必要もあるのです。
特にスマートフォンや携帯電話などのモバイルツールでの申し込みは24時間利用できます。

言わば、いつでも、どこでもお金を借りられる場所が手元にある訳で、カードローンの申し込みにおいても主流になっています。

住宅に関する項目とお金を借りる基準

標準

お金を借りる際の記入項目に居住年数があります。
住宅ローンの債務以外は住まいに関する情報は審査に大きな影響を与えるものではありませんが、居住年数は実績として捉えることもあります。

長く住んでいるということは、それだけ生活が安定しているという捉え方もでき、お金を貸す側にとっても居住年数の長さは安心できる情報となります。
カードローンの会員規約にも、住まいを含めて情報の変更は明記されています。
転勤が多いことが直接審査に影響を与えるものではありませんが、利用者の生活状況をつかんでおくことは金融会社にとっても大事なことなのです。

また、審査に関して家賃の高さや豪邸で与信が高くなることもありません。
あくまでも、お金を借りる基準は返済能力の高さであり、住まいの形態は問いません。
住宅に関することではローン以外にも、収入と家賃の関係もあり、審査項目に居住年数や家賃があるのも、可処分所得からの返済能力をみるための情報としています。

お金を借りる際の利用希望枠とは

キャッシングでもカードローンでも、お金を借りる際には利用希望枠というものを設定します。
クレジットカードを作る際にも、この希望枠を設定することが多いですね。
これはその言葉通り、自分がここまではお金を借りたいという限度額を設定するものです。

この希望額のとおりに借りられるかというと、これは審査に通ればの話ですから、勿論却下されることもあります。
特に、年収の三分の一を超えた額は借りられないので、自分の年収の三分の一を超えるような額を設定していると確実に審査に通りません。

一度審査に通っても、利用状況によって減額されることもありますし、逆に増枠になることもあります。

クレジットカードを作る際の利用希望枠に関しては、キャッシングを利用する際の枠ですから、設定していてもキャッシングを利用しなければ何の影響もありません。
今は使う予定がなくても、利用したい時のために10万円くらいを設定している方が多いようですね。

審査なしでお金を借りることができるのか

標準

お金を借りる場合には、消費者金融や銀行など、どのような金融機関でも正規の金融機関であれば、必ず審査が行われます。

審査なしでお金を借りることはできません。ですが事前に審査に通るかどうかは、各消費者金融などのサイトからシミュレーションすることはできます。

属性を入力することで、その金融機関の審査に通るか大まかな結果が出ますので、不安な人は試してみるとよいでしょう。このシミュレーションでOKが出たからといって必ずしも本審査に通るというわけではありませんが、かなりの参考にはなります。

ですが世の中には審査なしで融資できますなどの宣伝を行っている金融機関もあります。
ですがこのようなうたい文句の金融機関はほとんど闇金融と思って間違いありませんので、十分に気をつける必要があります。

最近ではスピード審査も主流になっていますので、数十分で審査結果が出るところもあります。急いでいる場合には、そういったところで申し込みをするのもよいでしょう。

親からお金を借りると贈与税がかかるのか

お金を借りる場合には、一般的には消費者金融や銀行などの金融機関を利用する方法が多いですが、もちろん親から借りる、という方法もあります。

例えば住宅ローンの頭金は親から借りて、残りは金融機関でローンを組むといった具合です。ですがこの場合、気をつけなければならないのは、親からお金を「借りた」のにもかかわらず、「もらった」と税務署などに判断され、贈与とみなされ贈与税を取られることがあるということです。これを防ぐためには、まずは必ず親子であってもきちんとした貸借の契約書を作成しておきましょう。

さらに借り入れや返済は銀行への振込みとし、必ず公的な記録を残しておくことが大切です。

さらに、金利に関してもできれば1%以上にしてその分も含めて返済している証拠を残すことが必要になります。せっかくの親から借用することができるのですから、できる限り万全を期して、贈与税を取られないようにしっかり対策を取っておくことが求められます。

お金を借りるに不安がある

標準

出来れば、借りたくないのがお金です。
自分の収入の範囲で、生活ができればそれが一番の幸せです。
身分相応の暮らしをしていても、何が起こるのかわからないのが人生です。

突然に、お金がいることは起こるものです。
病気や事故など、それは予想できないときに自分に降りかかります。
今は、昔と違い手軽の借りることができる時代です。

でも、お金を借りる行為には不安があって当然です。
返済しないといけない借金を持つことは、生活の中でも変化がおきます。
しかし、不安があるというのは悪いことではなくいいことになります。

簡単にキャッシングなどに、慣れてしまうと借金のことを心配しない人間になります。
この考え方に、なってしまうと多重債務者になる可能性があります。
緊張して、少し恐いくらいがちょうどいいと思います。

その方が、借金で人生を狂わすことは絶対にないからです。
早く返済をして、また元の生活に戻ることが一番です。
慣れることだけは、しないようにすることです。

外国人の方がお金を借りるには

カードローンは、外国人の方でもお金を借りることができます。ただし条件があります。日本に在住していて、仕事をしていて収入があり日本語が読み書きでき話すことができることが条件となります。

それであれば申し込みをすることができるのですが、一番ポイントとなるのは在留資格になります。そのため必要書類も外国籍の方の場合は、外国人登録証、在留カード、特別永住者証明書が申込みの際に必要となります。これで在留資格の確認が行われます。

特別永住者や永住者、日本人の配偶者、定住者等の資格であれば日本に永住しすることができる資格なので問題なく申し込みできますが、留学や技能、特定活動といった在留資格で日本にこられている方は、資格がきれれば帰国しなければなりませんので、借金を日本に残したまま母国へ帰国することになります。

さすがに貸す方としてもリスクが高いので、お金を借りることができる外国籍の方に在留資格で制限をしているのです。

年金生活でもお金を借りることができますか

標準

年金生活でもお金が必要になることはあります。貯金などで対応できればよいのですが、すべての人が十分な蓄えを持っているとは限りません。

そんな時には消費者金融でお金を借りることができればいいのですが、金融会社で借りる場合には安定した収入が必要で、年金を収入とみなしてくれる金融会社は少ないですので、アルバイトなどの別の収入がない時には借りられないこともあります。ですので受給者には別の方法での借り入れ方法があります。

独立行政法人福祉医療機構が行っているねんきんを担保にした貸し付けです。金融機関が代理店になっていますので、相談してみるとよいでしょう。

実際にねんきん生活になってからではカードローンを新たに作ることは難しいですが、まだ現役である時に作っておくことはできます。

つまり会社を辞める前にカードローンの枠だけ持っておくのです。カードローンの使用には上限年齢制限がありますが、それにかからなければ利用することができます。